うぇぶ和

うぇぶ和と申します。ここは自分の安全地帯のような場所。

断酒は辛いよどこまでも

仕事柄、不眠症に悩んでいて精神科受診で眠剤を処方してもらっています。診察の際に酒にも困っていると伝えたら、シアナマイド飲んでみる?と聞かれる。

医者曰く、これを飲むと12時間は下戸の状態になるから酒は飲めないよ。断酒には良いから試してみて。と言われる。処方箋を出してもらい家に帰ったら早速飲んでみた。

 

シアナマイドをしばらく飲んでみて断酒をしていましたが、飲みたくなった仕事帰りに12時間過ぎたからいいだろと日本酒を飲んでみたら1合で心臓バクバクの全身ペンキで塗ったようなピンク色。マジ死ぬかと思った。

 

そして次の診察の際に、医者に死にそうになりましたよ!と伝えたら、断酒は気持ちでするものだからね。薬を飲んでも酒の誘惑に勝てなかったら意味ないからさ。と死にそうになることを分かったうえで処方したような。

 

断酒をしたいと言った俺がバカだったのか?その医者はアルコール依存症の専門医でもあったそうな。後日談として、「あなたは自分で考えて酒を辞めようと思ったのだから、1つのきっかけがあれば辞めたいと思うはず」なんて言いやがる。

 

医者なりの説教と受け取りました。そして、今日の某メンバーの飲酒運転でぶつかったのが非番の警察官の車で良かったと思う次第。これが歩行者だったら?人がアル中に殺されてた。

 

俺も可能性はあった。だから医者は甘えさせなかったのだと思う。自分で何とかできる範囲内だったら頑張れと。一生治らない病気だぞと。

 

某メンバーは、逮捕される間ずっと飲酒運転を繰り返していたんだなとアル中の俺でも思う。

 

シアナマイドは断酒のきっかけですが、飲まないと思う意志こそが大事なのです。そのためには、1つの大きな事柄が起きないと考えないのです。

 

本当に酒は依存性を引き起こす。肝に命じる。